Fate/hollow ataraxiaプレイ感想

 PC版Fate/hollow ataraxiaにいたく感銘を受けたので感想を。キャラ別の感想と全体としての感想をかいています。

Fate/hollow ataraxia psvita版

ネタバレ全開のため未プレイの方は続きは読まないでね!

バゼットについて

 一番ビックリしたのは、ホントに言峰のこと愛(というか精神的依存)してたんだなぁ、というところ。
 そんな予想は事前にあったけど、裏切られたとこがトラウマになって記憶封印するほどとは……いや、そういう脆い部分に萌えました(笑)
 ランサーとの対決と、ラストの天の杯でのアンリとのやり取りが一番好きだ。特に後者は切なくても悲壮感のない別れで、どこかさっぱりしていたのが。
 躓き、転びながらも、うつむくことなく、未来(サキ)を見ながら進んで行く人になって欲しいし、素直にそう願える人だった。アンリ、よく分かってるよね。

スポンサーリンク

アンリについて

 今回一番好きなキャラ。つーか、TYPE-MOONキャラクターズという範囲でもトップランクに入る。あの皮肉っぽさとか、ひねくれた感じがよい。バゼさんに対する思いとかで感情移入は一番出来たな。士郎、志貴よりも、感情移入でいけば上かも。
 カレンとの会話シーンとか、バゼットとのやり取りとか、どれもいいね。
 特に好きな台詞があって、ラストの天の杯でのバゼットとの会話のなかで「甘言で人心を誑かすんだ」(だっけ?)と返すところ。
 アンリの素直じゃない、ひねく&強がりの部分を象徴してるようで胸を打った。あそこでああいうこと言っちゃうんだもんなぁ……粋だよ、アンリ。
 アンリの見てる原風景のような光景も、郷愁を誘う風景ばかりでよかった。
 後日談、結局、バゼさんの左腕に収まってるってことなのかな?
 どういう理屈でそうなったのかわからんけど、まあうまいことカレンと絡めるといいね。

桜について

 3大ヒロインで、今回一番テコ入れされていた人。ちなみに私は人気投票でも桜中心に票を入れる桜マンセーの痛い人。
 なのでプレイ中は終始イイヨーイイヨー状態。桜好きのご多分に漏れず、プールと、アインツベルン城のイベントには萌えました。つーか、水中で、水中で! 今作の桜は最高によかった! 可愛かった! 宇宙に敵なしだった!
 でも、少しでいいから、暗い面も見てみたかったかなー、と。いや、暗殺帳シリーズではなくて。あれは表というか、裏が裏返った表みたいなもんだから。
 前作のラストでも桜は十分明るかったけど、あれはやはりHFでの“暗”の部分があったればこそ、それを見つめてなおの明るさであったからこそ、許せもしたし、好きにもなったわけで。

スポンサーリンク

カレンについて

 キャラクターとしての在り方(アンリの対)とか、その“希薄”でありながら、印象的な存在感とか、そういった部分で好きなタイプのキャラでした。
 ラス前の天への階段をアンリと上っていくシーンもなぁ…もう切なくて。幼少期に姉から少女漫画を仕込まれた自分は、こういうシーンはたまらんです。
 「あなたロックスターみたい」の台詞もいいよね。もちろん、あの腹黒さも魅力。
 しかし、外の本体は記憶のこってないんじゃないんだっけ…?
 後日談の理屈はさっぱり。
 ……まさか、5日目にいっただけで、偽りの楽園が続いてるってことは…ない、よ、ね?

その他つらつらと雑感

 個人的に特筆すべきは上の4人だったけど、その他のキャラクターたちも満遍なく出番があり、もう大満腹状態。Fateファミリーが(ランクこそあれ)みんな好きという人間にとっては、贅沢すぎるFDでした。
 惜しむらくは、満遍なく出番がありすぎて、何度かお腹いっぱいいっぱいになってしまい、飽きがきたぐらい。まあ、贅沢な悩みで、不満ということではなく。

 ただ、立場が違う人は、また違った感想を持ったかも、という気はしたかな。
 各キャラクターのイベントがいい意味で同人的だったのが、良くもあり悪くもあり。同人やらSSやらにどっぷりはまり込んでる人にとっては、どこかで見たような展開が多く感じられたのかも。
 まあ、みんながみんな同人に手を出してるわけではないので、そこはあまりにもディープでひねったネタを満載にしてもね。
 今作ぐらいでちょうどいいのではないかと。

 メインシナリオについては、簡単に言ってしまえば、聖杯戦争の敗者復活戦、というか。未練を残した奴と、生まれることを許されなかった奴の、まあ八つ当たりというか。始まりが後ろ向きだから、終わりはいろいろぶっ壊して前向きになるか、さらに深く深く後ろ向きになるしかなく。そういう意味では予定調和的な終わり。そういえばアンリはバゼさんが死んでないって知ってたわけで、ホント最後はバゼさんのために行動してたんだなぁ……やっぱいいよ、アンリ。

fata/stay nightとfate/hollow atraxsia

 後日談を見ると、4日間にいた人たちは、イリヤ以外は外にも居たようだけど、これはどのルートなんだろうという話。
 ぶっちゃければ、どのルートでもないHFとUBWのいいとこ取りのhollow用ルートなんだろう。ただ、士郎の倫敦行きの話が出ていたり、学校内で遠坂とつきあってることになってたりを見るに、ヒロインで分けるなら遠坂凛ルートでHF的な展開(柳同寺地下大空洞での戦闘、およびイリヤ他界あり)だったのかな。
 言峰はhollowでも言われている通り、どのルートでも死亡確定らしいので出てないんだろうけど、イリヤについては4日間に出ていたところを見ると、HF的展開でも生き残る可能性はあったということだろうか?
 しかしなんでわざわざ独自ルートだったんだろう。素直にUBWルートでもキャラはそろっていたんでは? あーでもダメか。hollowの説明を見ると、カレンがやってくるまでバゼットが生き残るには、アンリとの契約が不可欠だったのか。
 展開的にはHF的にしないと本当の解決があったとは言えないし、桜が解放されたといえないから、間桐家の面々が和解というのに無理がでる。でもそのままHFルートということにすると、結構キャラクターが欠けた状態に。セイバーがいないファンディスクにするわけにもいかないし、と。
 つまりバゼット登場、セイバー登場を両立は本編ルートではどれでも無理ということで、本編のほうではやっぱりバゼットも死んでるということね……まあ、バゼット登場を考えたのが人気投票以降らしいから、当然と言えば当然ですね。

最後に

 特に文句を付けるとこもなく面白かった、というのが俺的な事実。どのキャラの出番が少ない、とか、あれはネタ的によくない、とかの感想はないなぁ。 
つーか、出番あったじゃん。満遍なく。ネタについても、まあ、そういうもんだといわれれば、そういうものとして楽しめる方なので。
 あと、アンリマユ=プレイヤー、可能性=選択子、四日間=ゲーム世界といった隠喩らしきものも、直接的な表現を用いず、うまく織り込めていたと思います。
 こういうのは嫌いじゃない。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました