ロードバイク caad10 105購入

Bike

ロードバイクを買いました。

もともと乗り物が好きでモーターサイクルには乗っていたんですが、昨今の自転車ブームとか、周囲にロード乗っている人が増えたりとか、のりりんとかのりりんとかの影響で本格的に欲しくなり1月末ぐらいに新宿のY’sRoadで購入。
 キャノンデールというメーカーのcaad10 105。フルアルミのモデルの中では現在最軽量クラスというだけあってびっくりするほど軽量です。

価格は装備込みで22万ほど。予算は15万ぐらいでしたが、ちょうど良い価格帯のモデルが全部売り切れていたこともあり、まあどうせ長く続けるつもりなのでもう一つ上のクラスでもいいか、と思ってこのモデルにしました。

caad10 105

さて乗り具合はどうかというと、購入して2週間ほど、まだ合計しても10時間乗ってないでしょうけど、快適で楽しい!って感じになってきました。
やっぱり何かやり始めると、いろいろ覚えたり工夫したりの初心者時代が一番楽しくて、今がそういう時期です。
最初に乗ったときは、楽しいとかの前にとにかく「尻が痛い!」という感想だったんですが(笑)サドル高を調整したり、ライディングポジションをいろいろ変えたりしてちょうど良いところ(尻的にも)を見つけたら、世界が一変しました。

基本的に乗っている時は何やってても楽しい。
普通の自転車だとちょっとした坂道もストレスになるのですが、メカニカルなパワーロスが極端に少ないせいか全然ストレスにならない。漕いだパワーがロスなく路面に、そして前にすすむ駆動に直結しているように感じるライド感はたまらないですね。
道具に対するストレスが0に近いってだけで余計なことを気にする必要がなくなってほんと気持ちいい。これはPCとかにも言えることですけど。
あとは音がほとんどしないのはびっくりですね。通常のモーターサイクル類と比べて静かなのは当たり前ですが、普通の自転車に比べてもメカニカルな音もロードノイズもほとんどない。周囲の音がよく聞こえる(風の音はしますが)が楽しい。
乗り物に乗っていながら周囲の世界をシームレスに感じられるのは、モーターサイクルや車とは正反対の性質(ただし、オープンカーは除く)で新鮮です。

今のところほぼストレスないですが、ちょっと慣れるまで時間かかりそうなのは、ブレーキの制動距離かな。
モーターサイクルだと自分はエンジンブレーキを多用する(特に自分が乗っているDUCATIはエンジンブレーキが良く効くほうなので)こともあって、ロードのスピードでブレーキだけで止まるという感覚がまだちょっと慣れない。
まあ慣れるまでは制動距離を長めにとって、スピードも全開では出さないようにしています。

そんなわけでいろいろ道具を試しながらの時期ですが、まあともかく楽しい。春になるまでにはいろいろ覚えて、もうちょっと装備もそろえてロングライドもしてみたいですね。
ではまた!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました